うさとの世界観

うさとの世界観

つくる

つくる

服の素材について

うさとの服で使う布や糸は、タイやラオスの農村でくらしている人たちによって織られています。素材はコットン、ヘンプ、シルク。自然の中で育まれた植物、生物、たくさんのいのちが寄り集まってつくられています。

野山の景色が、糸の色

紡がれた糸は、それぞれの村に生息する身近な葉や樹皮と一緒に煮詰めて染めたり、藍や黒檀を発酵させた染液で染めます。

ものづくりは楽しさ、喜びとともに

織り手は、布のデザインをある程度まかせられています。自分で決めて進める楽しさ、できあがりを実感できる喜びで、このものづくりは続いていくのです。

ものづくりは楽しさ、喜びとともに
ものづくりは楽しさ、喜びとともに
ものづくりは楽しさ、喜びとともに
ものづくりは楽しさ、喜びとともに
ものづくりは楽しさ、喜びとともに

USAATO SIAMについて

タイやラオスの村々で織られた布を仕立てる拠点「USAATO SIAM」へ。この場所にはデザインを生み出すアトリエがあり、布の保管庫があり、デザイナーさとううさぶろうの拠点があり。
近隣の縫製グループへ発注して服を生産。縫い手に納期を定めず、1着を最初から最後まで仕上げてもらいます。その後、日本をはじめ、世界各国の販売拠点へうさとの服が届けられているのです。

うさとSIAMについて
うさとSIAMについて
うさとSIAMについて
うさとSIAMについて
うさとSIAMについて

届ける

届ける

届けるのはコーディネーター

世界各国の拠点からうさとの服の展示販売会を主催するコーディネーターのもとへ届けられます。各地にいるコーディネーターが開催している展示販売会は、服と人、そして人と人が出会い、つながる場です。

うさとの服は、手から手へ

うさとの服は、展示販売会かUooo KYOTOでしかお買い求めいただけません。現代ではちょっと不便なことかもしれませんが、直接の手渡しだから届けられることも大切にしています。

うさとの服は、手から手へ
うさとの服は、手から手へ
うさとの服は、手から手へ

着る

着る

うさとの服について

女性用が中心ですが、男性用や男女兼用、子ども服、作務衣、楽衣と呼ばれる部屋着などがあります。国や地域を超えて、幅広い年齢層の方々に愛用されています。

みんながアーティスト

たくさんの人が携わり、さまざまな過程をたどってきたうさとの服は着ることで完成します。着ることによりうまれる美しいライン、触れて感じて和らぐ身体と表情。つくる、届ける、着ることで関わるみんながアーティストです。

みんながアーティスト
みんながアーティスト

うさとの着こなし